マリ クリスティーヌ  MARI CHRISTINE
異文化コミュニケーター
国連ハビタット親善大使
(2000年6月-2015年1月)

父親の仕事に伴い4歳まで日本で暮らし、その後ドイツ、アメリカ、イラン、タイ等、諸外国で生活。単身帰国後、上智大学国際学部比較文化学科卒業。この頃スカウトがきっかけで芸能界へ。
94年東京工業大学大学院理工学研究科社会工学専攻修士課程修了。今現在も都市工学を学んでいる。
生まれながらの環境から学んだ幅広い視点から国際会議・式典等の司会、講演活動など多方面にわたる活動をこなす。最近では乳がんの予防、早期発見のため、企業のCSRアドバイザーとしても活動している。

1996年06月   AWC(アジアの女性と子どもネットワーク)代表
ボランティア活動などにも精力的に活動している (http://www.awcnetwork.org
2000年06月   国際連合人間居住計画(国連ハビタット)親善大使
United Nations Human Settlement Programme (UN-HABITAT)
(広報活動、居住問題の解決のための活動)
http://www.habitat.or.jp/
2002年   2005年日本国際博覧会 愛・地球博 広報プロデューサー 就任
2002年04月   東京農業大学 客員教授/東京農業大学短期大学部 客員教授
2006年04月03日   あいち海上(かいしょ)の森名誉センター長 就任
2009年04月   生物多様性条約第10回締約国会議
COP10 支援実行委員会広報アドバイザー就任
2009年11月   富山大学客員特別研究員就任
2010年08月   シルク博物館名誉館長就任(http://www.silkmuseum.or.jp/main/
2013年12月   九州大学大学院工学府 客員教授(異文化交流学)
<講演内容>
都市計画・街づくり(環境整備、地域社会のあり方、過疎化や活性化、高齢化など)、女性問題、教育問題、人権問題、いじめ問題、ボランティアのあり方 など
<講演演題>
「国際社会の中の日本」
「女性の社会参加、男性の家庭参加」
「地球市民として生きる」
「できることからはじめよう!環境問題」
「新しいライフスタイルの創造」
「世界の文化 日本の文化」
「女性の目からみた国際社会」
「異文化コミュニケーション」
「お互い様のボランティア」など
  <主な著書>
「愛・LOVE・フレンドシップ」中日新聞社2006.3
「ありがとう 愛・地球博」ユック舎2005.12
「お互い様のボランティア」ユック舎2005.7
「自分を生かす人見失う人」海竜社1998.7
「心地よい我が家を求めて」TBSブリタニカ1997.12
「ひとを素敵と思う朝」立風書房1992.10
<主な委員会活動>                  
「地方制度調査会」総務省
「社会資本整備審議会」国土交通省
「ふるさとづくり有識者会議」総務省
「古都保存行政をめぐる最近の動きフォローアップ゚懇談会」国土交通省
 
 

 

 
     
 
Copyright © emcube corporation 2001-2007 All Rights Reserved.